日本カレー機構

日本カレー機構は、日本のカレーに携わる企業、団体、個人をまとめ、カレー文化のさらなる発展を促進するとともに世界に発信・普及をめざします。

8月, 2018年

ハウス 「乳酸菌L-137」を配合したバーモントカレー新発売

2018年08月10日

ハウス食品は、ハウス食品グループ独自の「乳酸菌L-137」を配合したバーモントカレーを8月13日(月)から全国で新発売する。

「乳酸菌L-137」は、東南アジアの伝統的な発酵保存食である『なれずし』から発見された菌株「L-137」から開発された乳酸菌で、ハウス食品グループの健康食品事業である“ハウスウェルネスフーズ”が長年研究し、加熱処理という素材加工技術により、食品への加工や長期間の保存に強くなった。

「バーモントカレー」の他に、「乳酸菌L-137」を配合した「とんがりコーン」、「フルーチェ」、「うまかっちゃん」も同時に発売される。

まもり高める乳酸菌L-137バーモントカレー


ハウス食品 レトルトカレー「選ばれし人気店」シリーズ新発売

2018年08月02日

ハウス食品は、株式会社カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト  「食べログ」の口コミ評価が高い『カレー 百名店』に選定された店舗の味わいを再現したレトルトカレー、「選ばれし人気店」シリーズ<濃厚バターチキンカレー><特製ビーフカリー> <牛豚キーマカレー>を8月13日(月)から全国で新発売する。

「選ばれし人気店」シリーズは、人気店の味わいを再現し、現地に行かずに自宅で手軽に楽しむことができるレトルトカレーシリーズ。

 

<牛豚キーマカレー>は、スパイシーでサラッとしたルウとお肉を自家挽きしたキーマルウが人気のお店「旧ヤム邸」監修。6種類の具材とカルダモンの爽やかな香りと和風だしの旨みが特徴のカレー。

<濃厚バターチキンカレー>は、千葉県の老舗インド料理店で行列のできることでも知られている名店「印度料理シタール」監修。香ばしい下味をつけたやわらかい鶏肉と生クリームとトマトがバランス 良く合わさった濃厚でまろやかなソースが特徴。

<特製ビーフカリー>は、鉄板で焼かれた香ばしい肉の塊と小麦粉を一切使用しないサラサラのスープカレーで有名な横浜の名店「アルペンジロー」監修。下味をつけた柔らかくジューシーな牛肉と香味野菜の旨み、黒糖などの香ばしさがきいたコク深いさらりとしたソースが特徴。

マルシェレンジ化CA(原寸) マルシェレンジ化CA(原寸) マルシェレンジ化CA(原寸)


  • カレーエキスパート資格
  • カレー歴史&文化情報
  • カレー店情報
  • カレーレシピ 作り方情報
  • ご当地カレー情報
  • カレー学び&教育情報
  • カレー製品情報
  • お知らせ一覧
  • お問い合わせ

機構会員募集


日本カレー機構では、一緒に日本のカレーを盛り上げる人を募集しております。無料ですので、どしどしご参加ください。

  • 無料会員機構募集 - 法人の方

機構会員一覧

無料会員機構募集 - 法人の方